経シワ験ある人クコ羊肉スープは温作用を補うどうし

ご存知のように、クコや経験ある人のこの2種類の食材、臨床の上でのもつ薬用の価値も高いが、その経験ある人としてクコ羊肉スープの食材から構成して、人々の食用後は体が効果,自然もみんなの注目の的になって、この文を下から一緒に紹介を行う.

経験ある人クコ羊肉のスープ、1項のは温補効果のスープ、材料は羊肉、食用に適秋、このスープの材料:羊肉600グラム、陳しょうがいち大段、クコの実はちグラム;は治が、あわてて更年期の怒り、不眠、胸が熱く、耳鳴り、動悸、盗汗、蒸し暑いなど現象.

ショウガの栄養の成分と葱蒜に似ていて、同じに含まれる蛋白質、炭水化物、ビタミンなどの物質を含んで、そして植物抗生物質は、その殺菌作用に劣らないネギとニンニク.

ショウガは、多くの揮発油、人体にコレステロールの吸収、肝臓と血清コレステロールの蓄積を防止します.

揮発油主要成分を姜醇、姜烯、クレソンセン、レモンアルデヒド、芳樟醇などを含む;また辛口成分ジンゲロール、分解生成ショウガのケトン、姜烯ケトンなど.また、冬に素、グルタミン酸を含む、アスパラギン酸、セリン、グリシン、トレオニン、アラニンなど.

クコは豊富なにんじん、ビタミンA、B 1、B 2、Cとカルシウム、鉄などの目の保健の必要な栄養を含んでいます.クコの実の中のベタインを抑えて脂肪肝細胞内で瀋着、肝臓の細胞の再生を促進するため,肝臓の作用を保護.

原料:羊肉600グラム、陳しょうがいち大段、クコの実はちグラム

1/2碗、酢、みりん1/2碗、油2大匙

は塩2小さじ、酢、みりん1/2碗、油2大大さじ

方法:いち.羊肉を清める、お湯の中に酢を入れ、汆パーマになる、すくい.

に皮をむいてない.経験ある人を磨いた後、鍋に入れて撮影裂;加熱植物油、ショウガ段を香に破裂して、そしての下に羊肉和え炒め、続入はち茶碗水やみりん、クコ煮沸して、改小さな火で煮込み約いち時間.

Tips:

p> <いち.羊肉は温補食べ物、体力増進を改善し、新陳代謝と体の循環、健康、腎臓の息の腹腔を、更年期障害の防止.

マトン2 .マトン2 .マトンはたんぱく質を良質の完全たんぱく質とし、人体に吸収されやすい.

さん.クコが肝臓に目の保養、抵抗力を強め、造血機能を促進し、血圧と血糖.

の特色:治更年期眩暈,シワ、あわてて怒り、不眠、胸が熱く、耳鳴り、動悸、寝汗などの現象、蒸し暑い.

上から見て、経験ある人クコ羊肉のスープは人体に対して一定の温作用を補うのは、不眠、寝汗や胸に発熱などの症状の治療にもあって、いい効果なので、クコ羊肉スープ経験ある人の具体的制作方法、皆さんぜひ考文に参内容の詳細について.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です