処暑節気:四大養生しシワて六道関

四大の養生の補強健康の防御線、精神の養生:処暑時節宜静かな性情に至る処暑、秋はますます明らかで、大自然の出現一面粛殺の光景は、この人々が生じやすい悲しみの感情を、人体の健康に役立ちませんので、精神の養生に、処暑時節を収束神気を神誌安寧を静かに,情緒、禁物情緒乱高下する、普段、複数の音楽を聞いて、書道の练習をして、釣りなどを鎮めて定誌の課外活動.二、リビングの養生処暑後徐々に気温が下がり、気温日較差が大きくなり、そして、リビングの方面で、気温によって減らして服をタイムリーに注意.処暑節気は、熱にある涼しくの交代の時期に、自然界の陽の息は疏泄収束に向かって、人体内の陰陽の息の盛衰も次に変換、この時起居生活も必要に応じて調整をして、注意早寝早起き早寝を免れることができて、秋粛殺の気、早起きに役立つと肺の息の伸びやか.三、運動の養生運動すぎるべきでなくて、運動量をなるべく小さく活動を避けるために、大量に汗が出て、傷の陽の息、明・高濂著遵生八笺』の中の坐功:毎日寅(午前5時)、正座を左右に振り返って、両手で背中をたたくそれぞれ5七度,そして歯を動かして逃げる回、调息吐纳、嚥下唾液.ラジオ体操も多く、太極拳、散歩など.四、飲食の養生処暑節気肝心が少ないガス、肺臓独旺、食事で宜増しょっぱい減シン、助ガス補筋を飼って好み.食に宜多い食を食べる風習が多い食クログワイ、沙葛、クズウコンなど、少ない食辛味食品例えばショウガ、ネギ、ニンニク、ニラ、八角、フェンネルなど.一方,シワ、新鮮な果物と野菜を多く食べることも多い食シロキクラゲ、ユリ、蓮子、蜂蜜、もち米、ゴマ、豆類や牛乳などのある食品を防ぐため秋燥顺応肺臓の清粛の性は、薬膳の調節の結合.堅塁攻略六道関口増健康第一関:養陽関はまずさにつながるのでは伤气やすく、体力、元気不足、機体の機能が低下し.例えば、汗が多すぎ、水分は得られないで直ちに補充の情況の下で、やすく傷津脱液;免疫機能がいったん下がって、風邪を引いて、胃腸の疾病は揚げ足を取る;心脳血管の疾病の患者にとって、夏の心臓の機能は混乱しやすい.簡単に言えば、夏の陽の息の頂点から旺盛徐々に低下するため、夏の養生は特に注意して「修養を防ぐため、冬の陽の息不足.体温や室温間の差、部屋の内外差が大きくできないと、部屋の内外の温度差が大きい.室温は27度の℃で、低すぎる.とにかく、夏は涼しく、乾燥、快適な環境の中で生活のことで贪凉によるさまざまな病気.第二関:情緒関の夏の天気は暑くて、情緒は変動しやすく、血圧上昇、心臓負担、心疝痛、心筋梗塞、心不全などの病気が容易になりやすい.また、脳卒中は夏の発症率も高く、重視を引き起こすことがあります.というのは、情緒変動が大きくて胃腸機能の乱れを招いて、呼吸システム疾病、ぜんそくなども、情緒に大きな関連があります.対策:意識的に情緒を調節する.もともと.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です