毎日_粒、シワ治不眠便秘、防メタボリック症候群

胡桃は欧米で昔からよくある堅果で、近年は健康と美容に良く、ダイエットなど情報の伝播、日本では注目を集め、健康食の話題となる.含まれる豊富な栄養をくるみは血液循環を促進し、動脈硬化を予防し、高血圧や心筋梗塞などの疾病、疲労を取り除いて、睡眠を助ける、毎日食用に代謝、適量に食用にも、肥満予防!胡桃は栄養に富んで毎日3~6粒の美肌,かばい、血管を浄化します

日本女性の健康と生活のウェブサイトLife&BeautyReportによると、くるみ豊富なカロチン、カルシウム、鉄、ビタミンB 1、ビタミンB 2、ビタミンEなど豊富なビタミン、常に食用を持って腎臓機能、美肌効果などの健康に、貴族の美容食品.毎日少量摂取、血管の健康,シワ、コレステロールを保持するために、代謝正常に、肥満と糖尿病予防.

は多元の栄養を豊富に含む、胡桃も属するひゃくグラムは673kcalの高カロリー食品、果肉中の60~70%は脂肪で、そのうちリノール酸が大半を占めるは、健康の油脂、食用に注意が必要量を食べて、日はさん~ろく粒の限り、年上過度に食べてください.「くるみ7大メリットとして

肥満の予防をする

肥満予防

肥満を防ぐため、コレステロールを低下させなければならない,この時に植物性タンパク質を摂取することが多く、胡桃の蛋白質が他よりナッツ類にも優れ、毎日少量食用くるみ、植物性脂肪リノール酸代謝が正常に役立つ、肥満や糖尿病の予防.2.予防動脈硬化症胡桃の脂の中に大量飽和脂肪酸酸を含んで、よく食用する血の中の古い廃棄物を取り除くことに役立って、血管はいっそう健康に健康になる.動脈硬化を予防することができるだけではなく、血管の本にも若い.血液循環を促進する

3 .胡桃中のα-リノレン酸は血管を浄化する、血液循環を促進するα-リノレン酸.高血圧、心筋梗塞など、動脈硬化、血液の濃稠と血栓による病気が予防されます.天然の栄養剤を使用して

天然栄養剤くるみは昔から漢方薬のように体とされている.高カロリーの食品と同時に食用、脂肪とたんぱく質は消化吸収になります.1日に1日で、体力をアップさせます.便秘を改善すると

便秘を改善する

胡桃を促進することができて、胃が頑固な便秘の場合、胡桃と一緒につくさんじゅうグラムゴマペーストに熱い湯、飲用に役立つ解消宿便.不眠が改善して眠れない「ビタミンE等)が豊富に豊富に含まれていると、胡桃神経システムの原因にも役立つという研究がある.神経は敏感で、夜眠れない時は、毎日胡桃を食べて、安定神経に助けて、睡眠を助けます.「

7.消

「保骨(乾燥しいたけため薬局」前にさんじゅう分、シワカルシウム吸収を助ける

骨粗しょう症、骨がもろくなりやすくなり、骨折しやすい1種の疾病.日本の管理栄養士の市野田真理子さんによると、特に女性は、閉経後の女性ホルモン分泌減少後、抑制効果ないカルシウム骨から溶出、骨密度が低下.また、年に増加してカルシウムの流失する骨粗しょう症、男女ともに避けられない、万万!カルシウム不足でカルシウムが脆弱になるのは,カルシウム不足になります.

市野田真理子は、カルシウムは骨や歯の製造に必要な原料は、人体の約99%のカルシウムもある骨や歯の中で、殘りの1%は存在の体液の中で、心臓、筋肉、脳神経細胞,血流の正常な動作.その1 %と人体の生命維持と密接な関係を維持するため、いつでも体液のカルシウム濃度を保持する必要があります.しかし、カルシウムは流失しやすく、体液の循環体には尿が排出する.そのため飲食に僕らの大切なカルシウムの源、いったん摂取不足で、貯蔵、骨の中にカルシウムに供給源で、体液を吸収溶解骨格カルシウム吸収」と呼ばれる骨.人体の骨格は骨の吸収を繰り返し、カルシウムを骨、新骨格の「骨形成に運ぶ、骨形成、骨密度低下、最終的に骨粗しょう症.

カルシウム吸収率を高め、カルシウム摂取ビタミンDも忘れずに

命の維持、または骨格の健康、すべてが非常に重要な人体に必要な栄養素です.ところが、台灣国民健康栄養狀況変遷調査の結果、じゅうく~64歳の成人男性女カルシウムの摂取量それぞれ612 563ミリグラムと、65歳以上の人はそれぞれ老男女摂取673 592ミリグラムと、栄養素を摂取するだけのぼっかぼっか提案量のごじゅう~70%(国人膳食の栄養素を摂取參試験量で提案じゅうく歳以上の成人は毎日カルシウム摂取量せんmg)を.

は牛乳などの乳製品の外で、緑ブロッコリー、靑葉ケール、小松菜、刈料理などのグリーン野菜の含有量も豊富に豊富.また、黒ゴマ、アーモンドの果実、カシューナッツなどのナッツ類、小魚乾、桜エビなども良好なカルシウムの源.

また,シワ、ビタミンDやビタミンKを摂取することで、ビタミンDとビタミンKを摂取することができるように、ビタミンDとビタミンKを摂取することを提案、ビタミンDとビタミンKを摂取することができます.ビタミンDが吸収を助けのカルシウムの質に富んで晒乾に、きのこ、卵黄や魚介類の中で.乾燥しいたけため薬局を提案してさんじゅう分前に、先に日焼け、これはビタミンDの含有量を高めることができます.ビタミンKはカルシウムの流失、吸収促進を防止するため、納豆、乾燥のワカメ、海苔、小松料理、しそ葉などが豊富に含まれます.