夕シワ拾ていて

昔の往事の美しさは私たちが思い出をそそのかしている.私は現実と思い出の時間差で生命の息吹を、未知の時間が流し打ち僕の肩を教えて、生命は1度の続き.

p>い<どうしてしか夕拾?自分も分からない、自分も分からない.魯迅さんの文章は多く書く子供のころのほうへと.『い夕拾」の前は古いことを蒸し返す』と『.私はこの思い出が何を持ってくるのか分からない、それは何か持っていくのか.もちろん,私は魯迅の前後の文章は書くべきではありませんが、あるいは別の何のですか.夕拾ていて、1種の非常に殘念なやり方で、私は好きでない事だらけにこれらの生命過程.

いなら、夕拾は1種の米の憧れ、生命の中では少し长亭あれに疲れた人が一時、いくつかの渇き魂老後が少し懐かしあこがれかもしれませんが、命はいつも懐かしい、懐かしの過去,シワ、未来にあこがれています.これは生活の本質は、一人一人が、命の长亭に懐かしい生命の充実、生命の喜びを感じる……

い夕拾しかないので,彼女たちは生活の経験だけ、ただ生命の慰安.

pはそれはそれで、それはそれではない……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です