そのシワことは心の底にやきつけている……

私はあの年の大学入試、試験後の成績に直面して、私は恐れたのは大学に入ってはならないで、かつての良いあなた達はすべて大学に行ったのです……私一人だけは原地で彷徨う…かつて私も光り輝いたことがあった…私も失败したことがあった…ただ、ただ、あなたたちは依然として光り輝いて…私は失败に終わった.p/pその回の試験誌望

と思って私は自分の故郷を離れて,もう一つのよく知らない都市大学、一つのことに値しない自慢の私立大学に行って、忘れないことが、あまり人の知っているところから新しい生活、小さい時じゅうろくだけあるのは列車揺れ、およびと未来に対してあいまいな想像……p/p私は若いのあの心はいつもそんなにに執着してしようがないこととして、しようがない!!生活はこのように,シワ、永遠に私達の下でどんな事が発生することができます!!p/p

私今すでにXX大学の生活で、この時間の私が駅駅ゆっくり南下や北の下で、旅の私が好きで、しかし私は更に好きそれでは熟知を持って淡い憂いと悲しみの音楽が聞こえない音楽を奏でるにゆっくりと私のために釈して述べて演奏を私の心は真実な世界!!!!p/p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です