町のシワ黄昏(组诗)

1、失意の太陽は町を与えて、最後に1筋を殘て恋しい.酒旗にして、ひときわ目立つ.夕風として愛撫する.自動車のオカリナがはるかに遠くている.ヨーヨー足どり、蕩の煙霧.ワンピースとデニム,シワ、は斜視が.町は恥ずかしそうで、本当の欲望を透かして見せるだけを、ぼんやりした黄昏.夏の夜の黄昏に霞んている.

2、風は街頭ではなくて、風がなくて.古の物語は繰り返し、人の耳から繭.しかしみんなはとても本分で、異議をしたくない.柳林によくまぶしいことがあり風流の影はもし星が瞬く.闇に嫉妬し、小径、カエルの鳴き声に溺れていった.すべてが光の永久不変を求めて、実は暗黒者も好きです.あのお揃いの妙齢コウモリ、暗い隅を撫でて親しい専探し.欲望は徹底的に発散している.

3、くだらないだらけるの街を歩いて.东头西頭からまで、は長いため息をつく.小さい店の明かりは格別に親切で,ときどきあなたに巾着をさせている.余所見をするお金がない、お金がなくてもいらない上品ぶる.熱波に目を火傷させない.風流になりたいと思って,札をして付き添って.君は行くところには.嬉しいに二两小酒を飲む.そして、甘い夢、すべてはあなたに満足させて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です