20年後に帰って郷に帰る

私は、20年後には31歳、私は北京に行く大学に行くと、私は31歳になります.ある日、私は久しぶりに故郷に帰って、お父さん、母、クラスメート.

もうあの子たちはやんちゃな子じゃないのだと.男子生徒が強く、女学生にしても長く、人が変わったように.私とクラスメートは挨拶をして、彼らはどこで学校に通っています.彼らは学校の面白いことを聞いて、それからいっしょに大笑して笑って.

私は学友たち以後、また生に会って私の両親を育成しました.両親に会ってから、急に彼らの懐に飛びかかっ、涙があふれている.それから私と両親はまたチャットし、私は母の家の中の様子を聞いてみました.母はこの20年、故郷も大きな変化があったと母は言っている!科学者は1種のを発明してハンドバッグを発明して、1台の自動車をこの中に入れて、とても軽くなって!このままなくしては!このハンドバッグはいろいろな鞄になってもいい!」また何かありますか」お母さんは言います:“多いですか?!少し変化して最大、今交通がとても流暢です!科学者は1種の新型の自動車を発明して、車がとても小さく見えるのは小さくて実はとても大きいです.しかも放出のにおいは人体に無害で、これは最大の長所だ.母の話の滔々を見て、世界がますますすばらしくなったことを発見して、私は世界がますますすばらしくなった.

私は20年後の故郷は私が思っているように思っています!

Pは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です