私は愚痴を言う

の日の朝、私は家でパソコンで遊んで、私は楽しい時、お母さんに歩いてきて、とても怒ってコンセントを抜く、俺に向かって大声叱り:あなたはどのようにしてゲームをして、宿題はできましたか?早くできましたから、早くできました.母は私を睨まて、本を読んで、本を読むことができない、読書、ゲームをしなければならない、早く読書に行ってみなさい!

私は書斎に入って、課外本を取って来て.お母さん、あなたはどうして私に遊んで喜んでいる時にコンピュータを消して、あなたはどうして私に遊んでいる時にコンピュータを消しましたか?宿題も終わりました、しばらくゲームをしてはいけませんか?

私はやたらに本をめくって、突然、私は1篇の《ママの愛》の文章に引きつけられて、私は静かに見える.私は、私の目の前には、私の目の前には、、、、親は、私たちのすべてのこと、すべて私たちのために.十月の妊娠の苦難、私たちが病気になった時、無数の不眠の夜に、ママの愛に満ちている!

私が記憶して一度、お母さんが自転車でスーパーへ連れて行って、まさか車に揺れて、転んで、私のすねの割れた、血がでて、びっくりしてわあわあと泣く.お母さんは地上から登って、急いで私を見てどうしましたか.彼女は私の足をかわいがって、私の痛みは痛くない、一方、私の傷口はそっと吹きかける、私の苦痛を軽減することができました.今は、母は私よりもすごいです、彼女は少しも私をかまっていない.

私のお母さんはどんなに痛くて、今母は私の文を言って、私はすぐに彼女を恨みます、本当にべきでないべきです.ここにきて、私は一心に本を読んで来たのだ……

Pは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です